快速アクティー特設サイト

JR東海道線の快速電車「快速アクティー」がついにリリース。シンガーソングライター智也、自ら作詞作曲した初シングルです。

夢の東京、故郷の茅ヶ崎をあなたの街まで走り続けます。

快速アクティーPV 購入・試聴はこちらから

◆快速アクティーとは?

JR東日本の車両「東海道線」の快速電車の名前を『快速アクティー』と呼びます。

東海道本線は東京駅から出発し、神戸までを結ぶ長距離鉄道です。

JR東日本では東京駅から熱海駅まで、JR東海では熱海駅から米原駅まで、JR西日本では米原駅から神戸駅までを管轄しています。

快速アクティーはこの中でも、JR東日本の管轄している東海道線の快速電車の名前です。

【東海道本線】

東海道本線

なお、東京駅から熱海駅の区間で運転している東海道線を「湘南電車」とも呼びます。

また1989年のダイヤ改正より20年間以上走り続けており、元々は特急列車、エル特急の「踊り子」の停車駅の削減するために設定された列車です。

「快速アクティー」という名称は、英語のactive(活動的な、積極的な)からきたと言われています。

街を活発化させていくという想いが込められていたようです。


◆停車駅は?

運行し始めた時は、通過駅も多かったものの、乗り換えの便や「湘南新宿ライン」の開通により、東京〜藤沢間は普通列車と変わらず、現在の通過駅は辻堂駅、大磯駅、二宮駅、鴨宮駅の4駅のみ。

快速アクティーの停車駅は以下の通り。(普通列車と比較しています。)

快速アクティー停車駅 ※快速アクティーの通過駅を赤色で表示しています。

◆そもそも早いの?

普通列車との比較になりますが、停車駅を見ての通り、東京〜藤沢間は普通列車と全く変わらないため、ほぼ変わりません。

それ以降の駅で通過駅が出てくるため、多少は速さを感じれるかと思います。

【参考時間】

東京駅→茅ヶ崎駅 快速アクティーで約58分(普通列車で60分)

東京駅→小田原駅 快速アクティーで約72分(普通列車で87分)


◆時刻表は?

快速アクティーは1日に10本ほど運行しています。

平日と休日で多少違いますが、大体1時間に1本間隔で走っています。

【平日時刻表(東京発)】
横浜・大船・小田原(下り方面)
8 16分(小田原行)
9 15分(熱海行)
10 32分(熱海行)
11 32分(熱海行)
12 32分(熱海行)
13 32分(熱海行)
14 32分(熱海行)
15 32分(熱海行)
16 32分(小田原行)
17
18
19
20
21
22
【休日時刻表(東京発)】
横浜・大船・小田原(下り方面)
8 21分(小田原行)
9 15分(熱海行)
10 32分(熱海行)
11 32分(熱海行)
12 32分(熱海行)
13 32分(熱海行)
14 32分(熱海行)
15 32分(熱海行)
16 32分(小田原行)
17
18
19 47分(小田原行)
20 47分(小田原行)
21 47分(小田原行)
22

Copyright(C) 2012 Tomoya Inc, All Rights Reserved.